旧表示指定成分とは 編集中

旧表示指定成分とは、旧厚生省が定めた皮膚障害を起こす可能性がある成分のこと。 1982年(昭和57年)から2001年(平成13年)3月まで表示が義務付けられていた指定成分。 化粧品に使用される成分のうち特に有害性が認められているもの。 濃度や体質などによりアレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分のリスト。 【殺菌防腐剤】毒性…頭痛や腹痛の原因、粘膜に壊死(えし)を生じる恐れが…

続きを読む