消臭元 香るStickを使用しました

消臭元 香るStickを小林製薬に商品をいただき、モニターに参加しています。
こちらは寝室や玄関、リビングに使える芳香剤です。

届いたのは3種類。
001.JPG
左から、アロマティックフローラル・スウィートローズ・イングリッシュガーデンです。
一番右端はスウィートローズ詰め替え用です。

香りは日比谷花壇セレクトということで高級感があります。

箱の中身です。
004.JPG
ガラス瓶と液体、そして棒が入っていました(笑)
この棒はラタンでしてこれが液体を吸収して香りを放出する原理だそうです。
この棒だけ臭うと何とも言えない変な匂いがしたもんですから、香りと混ざって臭くなりそうだと心配していたんですが、香りのほうがかなり強いので大丈夫でした^^

ガラス瓶は重厚感がありインテリアにもなります。
こちらに液体を注いでスティックを挿すんですが、口が開いたままですので傾けると当然こぼれます。

小さいお子さんがいるご家庭や動き回るペット(猫)などがいるご家庭では使用は難しいだろうなと思いました。

さて、3種類の香り、狭い我が家のどこに置こうかと思案したのですが客間と脱衣所と寝室に置くことにしました。

客間にはスウィートローズ。
008.JPG
どの香りも天然のアロマオイルの香りではありませんので香りが強く長続きします。
香料ですがどちらかというと香水のような高級感がある香りですのでいいですね。

甘いローズの香りなんですが子供っぽさがないところがいいと思いました。


脱衣所にはイングリッシュガーデン。
007.JPG
小窓に置いてみました。
グリーンっぽい香りです。
瓜系の香水のような香りです。
爽やかさが広がります。
脱衣所は小さな空間なので嫌なにおいもこもりがちですが、今は逆に良い香りが漂っています。


寝室にはアロマティックフローラル。
009.JPG
落ち着いたお花の香りです。
香りとともに目覚めるのはホテルに泊まったときぐらいですから、置いた初日は寝ぼけ眼でどこにいるんだろう?と思ったぐらいです(笑)



3種類ともに共通するのですが、香りはいかにも芳香剤というチープな香りではなく香水(フレグランス)のような印象なので高級ホテルのロビーにいるような優雅な雰囲気になれます。
匂いに敏感な私には少し強すぎてたまに鼻の奥が痛く感じることもあるのですが、そんなときにはスティックの本数を少なくするといいそうです。
香りが弱まるということです。



主人が帰宅したときに消臭元 香るStickを置いていることを知らずに家に入ってきたわけですが、
「ホテルみたいな良い香りがする」
と驚いていました。

私はよくアロマやアロマキャンドル、お香を炊いたりするのですが、香水をコットンに含ませてどこかに忍ばせているのかと思っていたようでした(笑)

消臭元 香るStickの存在を明らかにすると、こんなものがあるんだねと感心していました。


また、我が家には結構来客があるんですが、家にいい香りを充満させておくと不快感を与えないのでおもてなしする側も安心感がありますし、来客者にも心地よさを提供できるので一石二鳥だと思います。





小林製薬のHPではスウィートローズの香りを抽選で100名様にプレゼントしていますので、ご興味がある方はこちらからご応募くださいね。
募集期間:2013年7月31日23時59分まで
スウィートローズの香りプレゼント



この記事へのトラックバック