F.A.G.E.(エファージュ)を使用した感想

サントリーウエルネスの「F.A.G.E.(エファージュ)」トライアルキットを使用しました。 トライアルキットの内容はメイク落とし、洗顔、化粧水、美容液、クリームの5点セットで1週間分です。 サントリーと言えば不可能と言われた青いバラを作り出すほどの高い技術力がある企業です。 数年前、青色遺伝子を持つブルーローズ(青いバラ)を実際に間近で見たことがあるのですが青というより紫色でし…

続きを読む

セグレタシャンプーb・ヘアコンディショナーbを使用した感想

セグレタシャンプーbとヘアコンディショナーbのサンプルをいただきました。 サンプルといっても1包の容量が15ml。 たっぷり入っているのでロングの私でも3回使用できました。 <セグレタシャンプーb 全成分> 水、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-6カルボン酸、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ラウレス-16、ザクロエキス、ノバラエキス、ローズ水、…

続きを読む

成分一覧表 頭文字 ハヒフヘホ バビブベボ パピプペポ 安全性・危険性

■BG(1,3-ブチレングリコール) 保湿性のある液状の水溶性基剤成分。グリセリンよりもサラっとした使用感でべたつきも少ないのでグリセリンに代わって使用されることが多い。 抗菌性基剤(化粧品を微生物から守る) [利点・効果・効能・用途] 化粧品に配合して肌の潤いを保つ目的で使用される。

続きを読む

旧表示指定成分とは 編集中

旧表示指定成分とは、旧厚生省が定めた皮膚障害を起こす可能性がある成分のこと。 1982年(昭和57年)から2001年(平成13年)3月まで表示が義務付けられていた指定成分。 化粧品に使用される成分のうち特に有害性が認められているもの。 濃度や体質などによりアレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分のリスト。 【殺菌防腐剤】毒性…頭痛や腹痛の原因、粘膜に壊死(えし)を生じる恐れが…

続きを読む

秋バテとは

秋バテというものがあるそうです。 初めて聞く単語ですが定義としてはこのような感じだそうです。 <秋バテとは?> 夏の気の延長で薄着で寝たり冷たい食べ物や飲み物を飲み続けていると体が冷えてしまい倦怠感や頭痛などに苛まれる状態のこと。 秋になったら体調がなんとなく悪いだるいという不調があれば秋バテかもしれません。 体が冷えると血行不良により「くすみ」や「乾燥」などの肌の不調にもつながる…

続きを読む

履いて足の角質を取る ベビーフット使用後の感想

クイックビューティーベビーフット(Baby Foot)イージーパックを使用しました。 ブーツや靴下のように履くだけで足裏のお手入れが出来ると魔女たちの22時でも紹介されました。(2011年2月8日) 削らない角質ケア?ということでかかと・足裏の角質に良いお手入れ商品です。 <クイックビューティーベビーフットの商品詳細> メーカー リベルタ ブランド名 クイックビューティ…

続きを読む

四万十育ち無添加ウド洗顔石鹸・リキッドクレンジング「アラリア」を使用した感想

四万十育ち無添加ウド洗顔石鹸とリキッドクレンジングアラリアを使用してみてよかったので予告どおりご報告させていただきます^^。 →四万十育ちのウド石鹸 使用したのはウドのエキスが入った洗顔石鹸とメイク落としです。 <ウドエッセンス洗顔石鹸 配合成分> 石鹸素地(AV100)、スクロース、グリセリン、エタノール、水、セリシン、ダイズエキス、カンゾウ根エキス、マグワ根皮エキス、…

続きを読む

シコン化粧水を使用した感想・ホワイトリリーWL紫

ホワイトリリー源氏シリーズWL紫を使用しました。 ブロコミモニターに参加しています 今回使用したのはホワイトリリーWL紫の10mlのサンプルでした。 初めに見たときには正直な気持ち「サンプルかあ、少ないなあ。これだけでレポートが書けるほど実感を得られるかしら?」と不安でした。 試した商品がサンプルなのは、それもそのはず高級化粧水でした。 100mlの容量でお値段が441…

続きを読む

となりのマエストロ健康きのこSP

となりのマエストロ2010年9月12日放送内容です。 近畿大学 農学部 応用生命化学科 食品微生物工学研究室 寺下隆夫 教授(農学博士)が本日のキノコマエストロでした。 寺下隆夫氏の著書→きのこの生化学と利用―注目のバイオテクノロジー マエストロは今まで不可能だといわれていたマツタケの人工栽培を取り組んでいる。 キノコにはビタミンD・トレハロース・ベータグルカンなどの栄養素が…

続きを読む

花王キュレル化粧下地を使用した感想

Blingさんより花王キュレル化粧下地のモニターをさせていただきました。 サイトの「乾燥性敏感肌」説明を読んでまさに私にぴったりだと思いました。 このブログではよく自分自身の肌のことを「乾燥肌で敏感肌」という表現をしていますがまさにそれです。 乾燥している上に過敏な肌質。 皮膚科に行って相談しても、それは肌質の問題だからうまく付き合っていかないとダメですね、と言われる始末。 上…

続きを読む